沢山存在する占いサイトから本物の当たるサイトを探し出すのには骨が折れる

電話占いの企業は何百社とあります。そしてその中で在籍する占い師は少ないところで10人くらいで、多いところで100人といるところがありますが、占い師によりますが、大抵の占い師は、初めの一回目は丁寧に優しく親切で身を持って相手が喜ぶような言葉を言い、そして穏やかな接し方で、気を収めてくれる感じなのです。

何て良い占い師だろう、あんな占い師大好きまた見てもらおうと思ったら、それは間違いで、次に掛けた時はまるで私が良いから掛けて来たのかと言わんばかりの対応で自分の自慢をしたり、横暴にあんたが悪いと言わんばかりに攻めて来て注意して来たりする人が大多数です。

それは2回目同じ占い師だと、知らない人では無いからと一回は仕事だし社交辞令で喋ったけど、一回喋った事で、知っているから馴れ馴れしくなるというのでしょうか、それとも同じこともう言われないわと本音をぶちまけてるのか、以前は嫌々無理して、なだめてあげたのだから今度はこっちをなだめて持ち上げてくれたら占ってあげるわっと、催促しているかのように対応するのがほとんどなので、こちらはお金を払ってかけるのはすごい悩み事があって掛けているのですが、占い師からしたら、またかけて来たわしか思わないみたいです。

なので、いろんな占い師がいるので同じ占い師にはかけない方が良い場合が大多数です。電話占いに在籍する占い師は普通の人間です。しかし占い師によりますので、心からいつも誰にでも親身になる占い師の存在もあります。同じ占い師を指名するのは極力避けよう。

これが電話占いの最大の注意する点です。